• ホーム
  • 頭皮マッサージでヘアケア

頭皮マッサージでヘアケア

2019年12月24日

頭皮マッサージというと、頭皮環境を整えるので、育毛促進のイメージが強くあります。
実は、頭というのは意外とこりやすい部位で、血行が悪くなってしまうこともあります。
頭皮の血管は、他の部位よりも細く、血液が流れにくい状態です。最近はテレビやパソコンの使用により、頭皮環境が悪い人が増えています。

頭皮マッサージをすることで、頭皮の血行を改善することができます。
血液の流れがよくなれば、髪の毛に栄養が行きわたるのでヘアケアの効果が期待できます。
もちろん、育毛促進も可能で、分け目などが目立ってきたという人にもおすすめです。

頭皮マッサージをする前に、手はきれいな状態にしておきましょう。
爪が長いと頭皮を傷つけてしまうことがあるので、あらかじめ切っておきましょう。
頭皮の状態も入浴後など、清潔な状態で行うのが望ましいです。

この頃は、頭皮が固くたっている人が増えています。
両手を大きく開き、こめかみに親指を置いてその他の指は頭皮に当たるようにしましょう。
指は頭皮に密着させて、上下左右に動かします。このとき、頭皮が固いと、動きません。
続けることで、柔軟化するので、諦めずに毎日行うようにしましょう。

頭皮マッサージは、髪の毛の生え際から後ろに向かって全体的に行うようにしましょう。
最初は固くて動かなかった頭皮が、少しずつ柔軟化していく効果があります。
頭皮がやわらかくなることで、髪の毛に栄養が行くようになるので、ヘアケア効果も高まります。
毛穴の詰まりを改善し、髪の毛がいい状態になります。

頭皮マッサージは髪の毛のためにもやった方がいいからと、力を入れ過ぎてしまう人がいますが、これは逆効果です。
力を入れずに、呼吸に合わせてやさしく行いましょう。マッサージは指の腹を使い、爪を立てないようにするのがポイントです。
自分が気持ちいいと感じる程度の力で行います。夜のリラックスできる時間に行うなど、自分で時間を決めると毎日継続して行うことができます。
寝てしまうと後頭部に手が入らないので、座った状態で行います。

頭皮マッサージを行うと美顔効果もある

頭皮マッサージは、ヘアケアや育毛促進だけの効果ではなく、美顔効果もあります。
頭皮と顔の皮膚というのは、つながっているからです。
凝り固まった頭皮をそのままにしていると、老廃物がたまり、顔のむくみやたるみの原因になります。

頭皮と顔の皮膚をつないでいるのは筋肉ですが、使用しないでいるとどんどんたるみが悪化してしまいます。
二十あごや毛穴が縦長になって目立つなどのトラブルもあります。
頭皮マッサージをすることで、頭皮の血流改善はもちろん、美顔効果があることが分かります。

老廃物がたまった状態のままですと、老けた印象になってしまうこともあります。
老廃物はマッサージをして流してあげることで、目元もスッキリして、毛穴の詰まりも改善することができます。
両手を開いて、地肌を動かすマッサージも効果的ですが、カチューシャをするときにあたる部分を、やさしく親指で押すマッサージも効果的です。
血行が促進され、顔色が明るくなるのが分かります。

頭の頂上から、左右の耳をつないだ線の延長線がまじわるところにある、百会というツボは、頭皮の血行を促進する働きで知られています。
血行が良くなると同時に、女性ホルモンも刺激することができるので、美顔効果も高まります。親指でやさしく押していきましょう。

このように、頭皮マッサージの方法はたくさんあります。自分が気持ちいいと感じるところを重点的に行いましょう。
毎日のスキンケアと同様に、習慣にするといいでしょう。入浴後は血行が良い状態なので、マッサージの効果も高まります。
むくみやくすみといった症状に悩んでいる場合は、意識して行っていましょう。
顔色が悪い場合にも、効果を発揮するので、メイクのノリが変わってきます。